ものづくりのひとコマ


ベビープラス仙台の保育目標に「ものづくりを楽しむ」というものがあります。

 

最近では、ものづくりを身近に感じることが少なくなっているように思いますが、ベビープラス仙台ではおもちゃも手作りのものが多いんですよ。

 

造形を担当しているのは佐藤先生。

佐藤先生は、宮城県芸術協会の運営委員でプロの日本画家でもあります。

 

さっそく12月の遊具の制作を始めているようですよ。

 

 

紙を切ったり思考錯誤しながら、設計を進めます。

 

 

志村先生もお手伝いに駆り出されましたよ。

 

カッターや工具を使う工程は事務所内で行いますが、安全な作業や仕上げはなるべく保育室で行います。

子どもたちがどんな反応を見せてくれるのか、スタッフみんながワクワクしています。

 

完成の報告もどうぞお楽しみに!

コメントを残す